スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)
カテゴリー: スポンサー広告

「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?」書評

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)
(2012/04/26)
木暮 太一

商品詳細を見る


商品の値段は、使用価値(その商品の有益性・有用性)ではなく、価値(その商品を作るためにかかる労力・費用)で決まる。もちろん、需給も関係あるが。

労働力の値段である給料も、使用価値(その人がどれだけ成果をあげるか)ではなく、価値(その人が明日も労働者として働くために必要な費用)で決まる。

日本企業では、特に顕著な傾向である。給料が必要経費分ということは。「みなさんが働き続けるために必要なお金)ということ。外資は成果主義なので、成果で給料が出る。

で、どういう働き方をすれば、この窮屈な資本主義の世界では有利なのか?
著者の意見は以下だ。

世間相場よりもストレスを感じない仕事を選ぶ。これだ。
明日も働く必要経費分として、営業手当が出たとする。営業が好きでたまらない人は、ストレスを解消するためにもらう営業手当分は得である。つまり、余る。だから、有利。

あとは、「楽しい仕事」というのは、「興味をもてる仕事」のこと。
そして、「仕事を楽しもう」というのは、「仕事に興味をもとう」ということ。
楽しそうに仕事をしている人は、仕事をゲームのように楽しんでいるというより、仕事に興味を持っている。
「このクライアントは、どういう課題を持っているのだろうか?」
「クレーマーにはどう対応すれば、スムーズに解決できるのだろう?」
一方、「仕事がつまらない」と言っている人は、仕事に興味を持ってない。
「クライアントの課題なんて、知らないよ。注文されたものを納品すればいいんでしょ」
「他社の商品なんてどうでもいい。担当している商品が問題なく売れて、怒られなければそれでいい」
「クレーマーとは一切かかわりたくない」
この意識の差が、その仕事を「面白い仕事」にするか、「つまらない仕事」にするかの差になる。

もう一つのコツは、まず「積み上げ」によって土台を作り、その土台の上でジャンプするということ。
例えば、企業の社外取締役や顧問、アドバイザーは、「過去からの積み上げ」を使って行っている仕事。これらは「パートタイム」の仕事だ。1日中その企業にデスクワークをするわけではなく、定例の会議に参加したり、何かあったときに召集される類の仕事だ。

しかし、ほとんどのケースでは、その企業の新入社員はおろか、中堅社員よりも高い給料が支払われている。なぜか?それは、「過去からの積み上げ(土台)」に対してお金が支払われているから。積み上げが「労働力の価値」を引き上げているので、毎日せっせと働かなくても、高い給料が支払われる。裏を返すと、それまで土台を築いてきたので、そのような働き方ができるわけだ。

以上。
マルクスの資本論の理論を日本企業の給料の分析に応用して、なぜ儲からないのか?を追求している本。どういう働き方をすればいいのか?も書かれている。

では、この辺で。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)
カテゴリー: 自己啓発 | コメント 0 | トラックバック 0

「これだけ!4P」書評

これだけ!  4Pこれだけ! 4P
(2012/05/03)
安部徹也

商品詳細を見る


顧客を知る。→ ライバルを知る。→自社を知る。時代のトレンド(流れ)を知る。→誰に売るのかを決める。(STP。セグメンテーション、ターゲッティング、ポジショニング)

トレンドを知る4分析。

1 政治・法律面。 →法律や税制の改正。例 消費税アップ。
2 経済面。 →経済成長率や個人消費の動向、株価や金利など。 例 為替相場。
3 社会・ライフスタイル面。→社会環境や消費者のライフスタイルの変化。例 少子高齢化。
4 技術面。→技術革新によるビジネス環境の変化。例 インターネット。

4Pのうちの1つ、価格について。

新製品の価格設定のしかた。
1 ペネトレーションプライシング。発売時に相対的に低い価格を設定。赤字覚悟の低価格で高いマーケットシェアを獲得することを目指す。例 ユニクロのヒートテック。
2 スキミングプライシング。相対的に高い価格を設定し、開発コストの早期回収を目指す。製品のライフサイクルが進むに従い、価格を引き下げて普及を図る。 例 メルセデスベンツ。

吉野家は、値下げにより、販売数がある程度、増えて、利益をアップさせた。

無料で利益を上げる3つの価格戦略。
1 有料のプレミアムサービスにつなげる。基本のサービスは無料で、より豊富で高度なものは有料に。例 ニコニコ動画。
2 広告で売上を賄う。利用者は完全無料で利用でき、スポンサーからの広告代金で売上を賄う。例 民放テレビ局。
3 自社のプロモーションを兼ねる。プロモーションの一環として、商品を無料で提供する。例 マクドナルドの無料コーヒー。


4Pのうちの一つ、プロモーション。プロダクトとプレイスはこのブログでは省く。
5タイプのプロモーション。

1 広告。テレビやラジオ、新聞、雑誌、インターネット、野外広告など、メディアに自社製品を紹介してもらう。それなりのコストがかかるので、自社のお財布と要相談。

2 販売促進。販売チャネル→販売奨励金や協賛金など何らかのインセンティブを支払って販売店との関係を強化し、売上アップ。消費者→サンプルの配布や値引きクーポンの提供、ポイント還元などで販売を促進する。

3 人的販売。顧客と対面して販売することで売上を伸ばす。店頭での実演販売や試食もこれに該当。

4 パブリシティ。プレスリリースなどをメディアに流し、紹介してもらうことによって商品の認知度を高める。費用はかからないが、紹介してもらえるかは確実ではない。

5 口コミ。人から人へ伝わっていく製品の評判。企業側でのコントロールは難しいが、ファン顧客を1人ずつ増やす地道な活動が功を奏す。

「AISCEAS」でインターネットをフル活用。
AISCEASとは、インターネット時代の消費者の行動プロセスを表したもので、注意(Attention)、興味(Interest)、検索(Search)、比較(Compare)、検討(Examination)、行動(Action)、情報共有(Share) の頭文字を取ったもの。詳しくは、本で。

プロモーションの効果を検証するAMTULモデル。
AMTULとは、Awareness(認知)、Memory(記憶)、Trial(試用)、Usage(使用)、Loyalty(忠誠)の頭文字を取ったもの。詳しくは本で。

以上。

4P戦略について、特化して書かれている。
4Pのうちのプロダクトとプレイスを省いた。俺が知っている知識ばかりだったので。読む価値はあると思う。

では、この辺で。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)
カテゴリー: 経営戦略 | コメント 0 | トラックバック 0

このページの画像

各画像をクリックすると元の画像を確認できます。

このページのメタ情報

URL:
http://jyouhounohouko.blog.fc2.com/blog-date-------.htmlhttp://jyouhounohouko.blog.fc2.com/blog-date-20120605.htmlhttp://jyouhounohouko.blog.fc2.com/blog-date-20120602.html
表示時間:
. (.)

文字数カウント

リセット0文字

必要な情報を効率的に

Windowsの場合、Ctrl + Fでそのページ内検索ができます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。