スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)
カテゴリー: スポンサー広告

「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?」書評

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)
(2012/04/26)
木暮 太一

商品詳細を見る


商品の値段は、使用価値(その商品の有益性・有用性)ではなく、価値(その商品を作るためにかかる労力・費用)で決まる。もちろん、需給も関係あるが。

労働力の値段である給料も、使用価値(その人がどれだけ成果をあげるか)ではなく、価値(その人が明日も労働者として働くために必要な費用)で決まる。

日本企業では、特に顕著な傾向である。給料が必要経費分ということは。「みなさんが働き続けるために必要なお金)ということ。外資は成果主義なので、成果で給料が出る。

で、どういう働き方をすれば、この窮屈な資本主義の世界では有利なのか?
著者の意見は以下だ。

世間相場よりもストレスを感じない仕事を選ぶ。これだ。
明日も働く必要経費分として、営業手当が出たとする。営業が好きでたまらない人は、ストレスを解消するためにもらう営業手当分は得である。つまり、余る。だから、有利。

あとは、「楽しい仕事」というのは、「興味をもてる仕事」のこと。
そして、「仕事を楽しもう」というのは、「仕事に興味をもとう」ということ。
楽しそうに仕事をしている人は、仕事をゲームのように楽しんでいるというより、仕事に興味を持っている。
「このクライアントは、どういう課題を持っているのだろうか?」
「クレーマーにはどう対応すれば、スムーズに解決できるのだろう?」
一方、「仕事がつまらない」と言っている人は、仕事に興味を持ってない。
「クライアントの課題なんて、知らないよ。注文されたものを納品すればいいんでしょ」
「他社の商品なんてどうでもいい。担当している商品が問題なく売れて、怒られなければそれでいい」
「クレーマーとは一切かかわりたくない」
この意識の差が、その仕事を「面白い仕事」にするか、「つまらない仕事」にするかの差になる。

もう一つのコツは、まず「積み上げ」によって土台を作り、その土台の上でジャンプするということ。
例えば、企業の社外取締役や顧問、アドバイザーは、「過去からの積み上げ」を使って行っている仕事。これらは「パートタイム」の仕事だ。1日中その企業にデスクワークをするわけではなく、定例の会議に参加したり、何かあったときに召集される類の仕事だ。

しかし、ほとんどのケースでは、その企業の新入社員はおろか、中堅社員よりも高い給料が支払われている。なぜか?それは、「過去からの積み上げ(土台)」に対してお金が支払われているから。積み上げが「労働力の価値」を引き上げているので、毎日せっせと働かなくても、高い給料が支払われる。裏を返すと、それまで土台を築いてきたので、そのような働き方ができるわけだ。

以上。
マルクスの資本論の理論を日本企業の給料の分析に応用して、なぜ儲からないのか?を追求している本。どういう働き方をすればいいのか?も書かれている。

では、この辺で。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)
カテゴリー: 自己啓発 | コメント 0 | トラックバック 0


この記事へのコメント:

コメントの投稿

非公開コメント

このページの画像

各画像をクリックすると元の画像を確認できます。

このページのメタ情報

URL:
http://jyouhounohouko.blog.fc2.com/?overture" target="_newhttp://jyouhounohouko.blog.fc2.com/blog-entry-12.html
表示時間:
. (.)

文字数カウント

リセット0文字

必要な情報を効率的に

Windowsの場合、Ctrl + Fでそのページ内検索ができます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。